JPM日本CBファンド
委託会社 JPモルガン・アセット・マネジメント 基準日 2018年12月14日 基準価額 9,612円   +10円(+0.10%)
 ファンドの特色
GIM日本CBマザーファンド(適格機関投資家専用)を通じて、日本の企業が発行するCB(転換社債)を実質的な主要投資対象として運用を行い、信託財産の着実な成長をはかることを目的とします。マザーファンドの運用の指図、為替ヘッジの指図に関する権限をJPモルガン・アセット・マネジメント(UK)リミテッド(英国法人)に委託します。当ファンドが実質的に保有する米ドル建て資産について、対円での為替ヘッジを行うことにより、為替変動による基準価額への影響を抑えます。
 商品運用情報
運用レポート
 月次レポート(PDF:431KB)
純資産総額
(2018年12月14日)
3,371百万円
資産流出入額
(2018年10月月間)
流入額:37百万円
流出額:19百万円
累積リターン
(2018年11月末)
6ヶ月:-2.03%
1年:-3.21%
3年:-%
設定来または10年:0.19%
 商品基礎情報
信託設定日 2017年 1月13日
信託期間 約10年
償還日 2027年 1月12日
償還条件 純資産総額が20億円を下回る場合
分配金 受取コース
決算日 1月12日、7月12日
一口当り元本 当初1円
受託銀行 三菱UFJ信託銀行
信託報酬(税込) 信託財産の純資産額に年率1.35%(税抜1.25%)の率を乗じて得た額とします。
信託財産留保額 ありません。
その他費用 有価証券の取引等にかかる費用、外貨建資産の保管費用、信託財産に関する租税、信託事務の処理に関する諸費用、ファンドに関し委託会社が行う事務に係る諸費用、その他ファンドの運用上必要な費用等が認識された時点で、信託財産に計上されます。尚、上記の費用等はファンドの運用状況、保有銘柄、投資比率等により変動し、銘柄ごとに種類、金額および計算方法が異なるため、具体的に記載していません。また、その合計額は受益者の保有する期間その他要因により変動し、表示できないことから記載していません。
ファンドの監査費用として純資産総額に0.0216%を乗じて得た額(上限年額324万円)、および目論見書、運用報告書等の開示資料にかかる事務費用、計理事務にかかる費用、受益権の管理にかかる事務費用等として純資産に上限年率0.0864%を乗じて得た額が信託財産に日々計上されます。
投資リスク 株価変動リスク、信用リスク、為替変動リスク、金利変動リスク、流動性リスク等
スイッチング 「JPM日本CBファンド(米ドル投資型)」との間のスイッチング手数料は無料です。
 申込・換金情報
目論見書電子交付 MARUSAN-NET:○
マルサントレード:○
お申込単位 1万口以上1口単位
または、
1万円以上1円単位
お申込価額 購入申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
お申込手数料 購入代金(※1)に応じて、以下に定める手数料率を購入金額(※2)に乗じて得た額とします。

1,000万円未満 3.24%(税込)
1,000万円以上5,000万円未満 2.16%(税込)
5,000万円以上1億円未満 1.08%(税込)
1億円以上3億円未満 0.27%(税込)
3億円以上 0.00%(税込)

※1…購入代金=(お申込価額×購入口数)+お申込手数料
※2…購入金額=お申込価額×購入口数
解約単位 1口以上1口単位または1円以上1円単位
解約価額 換金申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
解約手数料 換金(解約)手数料はありません。
受渡日 原則として、換金申込受付日から起算して5営業日目からお支払いします。
 Fundmark®情報
Fundmark®分類 国内ハイブリッド/転換社債/転換社債
Fundmark®RL
(RL3)  値動きが中程度のタイプ
 チャート
基準価額 日次1年
 
基準価額 月次10年
 
累積リターン 月次10年
累積リターンは、2017年 1月を[100]としたファンドの実績評価値です。分配金(税引前)をすべて再投資したとみなし、ファンドを売買する際の手数料や税金などは考慮しておりません。
 
 
拡大チャート
 分配金(税引前・最新12期まで)
年月日 分配金
(税引前)
2018年 7月12日 0円
2018年 1月12日 350円
2017年 7月12日 0円
設定来分配累計 350円
原則、基準価額は、受益権1口=1万円のファンドは1口当たり、受益権1口=1円のファンドは1万口当たりの価額を表示しております。
リターンは、前月末における値で、分配金(税引前)を再投資して計算したものです。手数料等は考慮しておりません。
「−」で表示されているファンドは、設定日から当該期間に満たない場合です。「リターン」は、あくまでも過去の実績であり、将来の投資成果を約束するものではありません。
上記の基準価額のグラフは、信託報酬控除後です。
基準価額に分配金(税引前)を加算したグラフは分配金(税引前)を基準価額に加算したものです。また、受益権の分割も修正しています。
原則、分配金(税引前)は、受益権1口=1万円のファンドは1口当たり、受益権1口=1円のファンドは1万口当たりの分配金(税引前)を表示しております。
Fundmark®分類とは、野村総合研究所が独自の調査に基づき、運用方針や運用実態に沿ってファンドの分類(約300種類)を行っています。そして、同一分類内において、ファンドのパフォーマンスを相対的に評価します。
Fundmark®/RL(ファンドマーク/リスクレベル)とは、Fundmark®分類毎のリスクの大きさを表す指標で、分類中の一般的な投信のリスク(RL1〜RL5)の大きさを表す指標です。年1回見直しを行います。
本画面は投資判断の参考としての情報提供を目的としており、投資勧誘を目的にしたものではありません。投資信託情報の著作権は(株)野村総合研究所に帰属します。本画面の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、当社および情報提供者は一切の責任を負いません。本画面の内容について、蓄積・編集加工・二次利用を禁じます。
Copyright (c) Nomura Research Institute,Ltd. All Rights Reserved.
当資料は、投資の参考となる情報提供を目的として丸三証券株式会社が作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。当資料は、各種の信頼できると考えられる情報に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当資料に記載されている内容・数値・図表・意見等は、当資料作成時点のものであり、今後予告なく変更されることがあります。当資料における運用実績等は過去の実績および結果を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。
投資信託は、値動きのある証券(外貨建資産には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は大きく変動します。したがって、元本が保証されているものではありません。
分配金額は、収益分配金方針に基づいて委託会社が決定します。あらかじめ一定の額の分配をお約束するものではありません。分配金が支払われない場合もあります。
お申し込みの際には、投資信託説明書(交付目論見書)及び契約締結前交付書面(目論見書補完書面)を必ずご覧のうえ、投資の判断はご自身でなさいますようお願いいたします。
   取扱ファンド一覧へ